ID-10084548
赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、肌トラブルがよく起こります。特に「アトピー性皮膚炎」だと、湿疹もひどく、赤ちゃんのことが心配になりますよね。乳児湿疹であれば、多くは1歳頃には良くなりますが、良く見分けがつかずに対処法を間違うなんてこともあります。

ここではその対処法について解説していきます。

アトピーの場合の症状は?

アトピー性皮膚炎は、皮膚にアレルギー反応による炎症が現れるものです。特定のアレルギー物質に反応して起こるものなので、赤ちゃんでも起こり得ます。

主な症状は、頭部や顔のほかに、耳やひじ、ひざの裏などの関節部分に強いかゆみを伴い、ときには皮膚が切れることもあります。慢性的な湿疹で、よくなったり悪くなったりを繰り返す特徴があります。

乳児湿疹の症状は?

時期:生後4ヶ月までによくみられる
症状:黄色のかさぶたができる
新生児ニキビ同様、新生児によく見られる湿疹です。顔だけでなく、頭皮にも出来ることがあります。炎症を起こすと、患部が赤く腫れあがったり膿んだりします。

乳児湿疹の治療法

乳児脂漏性湿疹は、かさぶたが出来ます。かさぶたは無理に剥がそうとせず、入浴する前に刺激の少ないワセリンや、ベビーオイルでふやかしてあげることで、入浴時取れやすくなります。

また、患部をひっかいたりして悪化させないように、赤ちゃんの爪はもちろんママの爪も短くしておくと安心です。

まとめ:アトピーの場合の対処法/h2>
皮膚を清潔にして、保湿を1日3回ほど行い、十分な水分を保ちましょう。また、洗濯洗剤などの、すすぎ残しに注意したり、部屋を綺麗にしたりするなど刺激の少ない清潔な環境作りが大切です。

衣類も木綿素材など肌に優しいものがおすすめです。

患部がジュクジュクし、かゆい場合は、ステロイドや、内服薬を使用することもあります。必ず医師の指示に従って使用してください。

では新生児の赤ちゃんの湿疹に効果があるおすすめの商品をご紹介します。赤ちゃんに使用する際はこすらないように優しくケアすることがポイントです。

おすすめはオーガニックのベビーローションであるアロベビーのミルクローションです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です